TOP > 自動消火装置ケスジャンとは

全自動消火システム・ケスジャンは
あなたの「生命・財産・大切な人」を火災から守ります。

消火器を正しく使い消火活動を行うことはとても難しいものです。燃え広がる炎を目の前にすればなおさらのこと。
全自動消火システム・ケスジャンがあなたの代わりに不測な事態を察知し自動で消火活動にあたります。
いつ起こるか分からない事態に、万全の準備を始めてみませんか。

kesujan_diagram

今、シニア世代の一人暮らしが増えています。
そんな方々に安心・安全を。

平成25年(1月〜12月)における年間の総出火件数は48,095件でした。そのうち建物火災は25,053件と総出火件数の52%が建物火災でした。
出火原因別では、「たばこ」「こんろ」「ストーブ」「配線器具」「電機機器」などが原因となり、1日あたり70件、約20分ごとに1件の割合で火災が発生しています。
また、住宅火災によりお亡くなりになられた方は997人となっています。このうち約7割以上をしめる703人の65歳以上のシニアが火災の犠牲となりお亡くなりになっています。
被害を少しでも軽減するには火を大きくしないことが第一。天井に燃え広がる3分以内の初期消火が重要になってきます。

diagram

信頼の性能で大手企業も採用。

自動消火装置ケスジャンは、消火能力の高さと信頼性で多くの大手企業から個人住宅に採用されています。
夜になると極端に人の出入りが少なくなる営業所、事務所、倉庫、コインランドリー、介護施設。日中は留守がちになることが多い賃貸住宅やシニア世代のご夫婦の住居などにも数多く採用されています。
また、生産物賠償責任保険(PL保険)にも加入しておりますので安心です。
※PL保険の詳しい内容はこちらからご確認いただけます。


大和ハウス工業、積水ハウス、住友林業、住友林業ホームテック、LIXIL住宅研究所、ミサワホーム、住協建設、小田急ハウジング、土屋ホーム、ロイヤルハウス、住友不動産、ヤマトプロテック、立売堀製作所、東京海上日動ファシリティーズ、ドンキホールディングス、台東区、板橋区、西東京市、平塚市、旭川市 ほか